パートタイマーという雇用形態の特徴

会社では1日の営業時間、定休日などが設定されることがあります。

パートではシフトの申請ができる場合がある

パートタイマーという雇用形態の特徴 会社では1日の営業時間、定休日などが設定されることがあります。一方お店などは24時間、365日営業のところがあります。これらのお店では当然その間誰か人がいなければいけません。一人でずっと見続けることはできません。コンビニなどでは多くの人を雇用してその人たちをうまくやりくりして経営をしています。オーナーが対応する時間もあるでしょう。

パートで仕事をするとき、シフトの申請ができる場合があります。いつでも仕事ができるとき、一応希望の曜日、時間などを伝えておきます。しかし常にその時間に入れるわけではありません。また同じ時間に希望している人が他にもいることがあります。自分の希望だけを叶えようとすると他の人に迷惑がかかることがあります。それぞれの人が満足の行くように仕事ができないといけません。

そこで取られるのがシフト申請です。事前にシフト表のようなものが渡され、どの曜日、時間に働きたいかを記入して申請をします。そしてそれをもとに実際のシフト割が作られてそれに基づいて出勤をします。基本的には申請をした日、時間以外に入れられることはありません。ただし働きたい時間に希望者が多くて働けない場合があります。最近はネット上から申請できる仕組みもあります。

注目情報

Copyright (C)2020パートタイマーという雇用形態の特徴.All rights reserved.